保険相談や障害年金等、わからない保険の事を調べよう

保証

hosyou

毎日の生活を起こりうる事故や、病気になった場合の保証等を求めて予め会社と契約し、所定の条件において補助となる現金や保証が受けられるようにする事を保険と言います。

身の回りに起きるリスクを回避する為に、リスク自体をコントロールする為に経済的な損失に備える事がこの保険の目的となっています。
保険には様々な種類があり、健康管理に関する物や貯蓄等に関する物があります。

中には1つの病気に特化した物や、自分の身体的な特徴等にあてはまる保険等も各会社から提供されています。

種類

生命保険会社が行っている物を生命保険と言い、ここでは1つの病気に特化したプランや、より高額なリターンがあるように作られている物等種類が豊富となっています。

この生命保険とほとんど同様のサービスとして提供されている生命共済と言う物も存在しています。

他にも、人では無く家や物を対象とした損害保険や等もあります。
少子高齢化にあたり、保険会社が提供するプランも老後の保証や不安に関する物にシフトし、より幅広いニーズに答えられるような状態になってきています。
その1つが財形貯蓄積立保険や個人年金保険と言うような物になっています。

始まり

hajimari

これは1400年代のイタリアで始まったのが保険の元祖であると言われており、海上保険としての形態をとっていたと言われています。

現在の生命保険が出来るきっかけとなったのは、ある天文学者の言葉だと言われています。
個人個人の死亡時期はわからなくとも、統計学的に年齢ごとの死亡率はわかると言う発言から現在の生命保険が生まれていったと言われています。

各年齢ごとに無くなる人と払う人の統計を取り、綿密に計算する事でそれが保険と言う商売として成り立つかどうかを推定し、それに応じて保険料に差を付ける事でバランスを調整した。
これこそが今の生命保険システムの根本となったのです。

また、当時の生命保険でも加入時の審査が行われており、それも現代に引き継がれていると言えます。

特別な話題

hataraku

働く

何らかの事故で働けない、労働に支障がある。そのような状態にな…

続き